防衛省・自衛隊の「将来の戦闘機に関する研究開発ビジョン」について

2010年のものなので今となっては古い話だが、次世代戦闘機の入門にいいんじゃないかと。

将来戦闘機研究開発ビジョン概要(PDF)
将来の戦闘機に関する研究開発ビジョン(PDF)

Send to Kindle

AMM-1とF-6のざっと描いた

f6_054
コックピットの位置が下がりすぎだね。
色々不備はあるが、大体こんな形を頭に入れるためにもやもやしながら描いてます。
amm1_058
対怪獣ミサイル。これまでは対怪獣ロケット弾だったのだよ。これはロケット弾。 続きを読む

Send to Kindle

todays F-6A part2

making160625b 640
垂直尾翼とか主翼とか背面とか微妙に修正しつつ、一応全体の形はこれで出来たことにしてノズルを作成。ノズルだけ作るのは後々都合は悪くて、エンジンも含めて作ったほうが良いんだよね。ノズルは機体ではなくてエンジンの一部なので。
てなことでやっぱり作り直すか……
残りはキャノピーとコクピット。機関砲とフラップ、脚収容口とかはどうしようかな。

Send to Kindle

今日のF-6A制作途中。

making160625a640
腰が重くて手が遅い、だめだめパターンになりつつ、作業再開しました。
機体の前半はこんなもんで、問題は後半なのです。ノズル周辺がどうしていいやら、ちまちま修正中。主翼も角度が甘いので鋭角にしたい。これだと主翼を前へ移動して水平尾翼を付けたほうがよくなり、無尾翼の意味があんまり無いんだよね。
作りつつ、F-35とF-22のビデオを見つつ。そのほかの国のステルス機も調べたりしてます。空気抵抗とステルスになるための理論でガチガチに縛られているのでどこの国のステルス戦闘機も同じ形になっていきます。それでも違いが出るのは技術料の差なのでしょうか。アメリカ以外の国のステルス機はなぜか皆大きいのです。エンジンが大きい。日本の心神は実験機なので大きさの比較にはあまり意味が無いと思います。
実機はともかく、架空戦闘機なのでそれよりは自由度が聞く範囲で、それでもリアルに見えるように勝手に縛りをつけつつ。エアインテークはF-22みたいに少し離したほうがいいのか、F-35のようにくっつけてもいいのか。

Send to Kindle

今日のF-3A

f3a0301200
どうやったって何かの真似にしか見えないので、嫌だなあと思ったものの、元々二つ以上の実機を足して作っているのだから何かにそっくりに見えていいのだ。そしてF-16XLそっくりになっていくのだった。似せる気は無いんですけどね。
f3a0311200
F-16XLよりラファールに似そうだ。
まぁ、なんとなく覚えで書き殴っているだけなのでどうするものでもないが。

Send to Kindle

F-6AとF-3Aとか。

2016-06-19 12_40_28
相談があらかた終わったところで、思いつきを記録した。上がF-6Aで下がF-3A。
どちらもバランスが全くダメだがF-6Aはカナードを無しにして、F-3Aはやっぱり単発にした。もともと複数の実在する戦闘機を混ぜてスタイリングする方法で作っているので基ネタやそっくりなものがあってもいいんだが、リアルを考えると何やっても単に似ているだけになるね。
2016-06-19 12_19_18

Send to Kindle