OCTA ORCA OST03


これはOCTA ORCAの本編の後ろにつけた機澤重工業(という架空の企業)のCM用音楽で、映像としてはピカピカのOCTA ORCAの出てくる冒頭のCM映像と対になるようにボロボロの機体と背後にプロトタイプがひっそり置かれています。曲は軽快且つまだ続きそうな感じがするようにしています。作曲どころか音楽の才能が全くなっくてもこのくらいは気を付けていますよw
これも15秒の映像なので音源も15秒しか作っていないです。

映像がないと物足りない感じが物凄くする三曲ですが、今回に限った話じゃなく、毎回絵があって成立するように作っております。これだけ切り取っても意味は無いものとはいえ、ナレーションや効果音など他の要素が入っていない状態もそれなりにアーカイブしときたかったので。

Send to Kindle

OCTA ORCA OST02


これはOCTA ORCAの本編(と言っても60秒以内)のサントラ。KIZAWA HAVY INDUSTREISって書いてあるけど、これは機澤重工業(という架空の企業)のCMじゃなかったな。そもそも単なる名古屋市名駅の風景をブレードランナー並みの死んだ未来の街にするのはどうしたらいいかと考えて、どんよりピカピカな音があったらいいんじゃないかと思って作ったのです。

これも映像が60秒弱なので60秒くらいしか作っていません。映像が最後まで尺と最後のシーンを決めかねていたのでフェードで終わることを前提にしています。

Send to Kindle

OCTA ORCA OST01


OCTA ORCAに使ったサウンドトラック。映像が15秒なので15秒しか作っていないです。メイキングについては以前の書き込みを参照してもらうとして
なんで三味線かというと、これがフィクションだからです。

これはフィクションで実在の人物、場所などは関係ありませんとかエクスキューズを表示するあれをなんかやたらひねって作ってるのを見ることがあり、 続きを読む

Send to Kindle

OCTAORCAのフォントとか。

東海クリエイターズ作品展で参加したOCTAORCAの映像は、の、その前に今回はイラスト二点と映像を出品することがそもそもの条件だったんですけど、こういう場合はイラストは連作で映像も連携したものにするものだと勝手に思い込んでおりまして、その方が考えるの楽だし。しかし開けてみるとそうでもなかったりして自分だけでした。まさに勝手な思い込みw 僕は何やっても30点程度の能力なんです。その30点をかき集めて70点くらいにする能力も30点ほどあるので、かき集めるしかなかろうと思ったのですねぇ。他の方は30点どころじゃないのでやらなくてよかったのです。辛いw

さて、その30点能力の一つ書体作成です。世間としてはフォント作成ですね。フォントと書体はニュアンスとしてちょっと違うのですが、おっさんの言うカレーライスとライスカレーの違い程度ですので同じと捉えて問題ないでしょう。ずっと前にも書いてますがOCTA ORCAで使っている書体の中国語以外の文字は自作しています。何でかというとフォントを作るのが好きだからです。もう一つ、手前の作品をどこまで自作できるかもやってみたいことだからです。複数のメディアやマテリアルを使った作品は全部自分で作っていくことはまれです。特に映像、映画は一人で作ったと言いながらキャストはいますし、照明とかメイクとか、スタントとかVFXとか、助監とかなにより制作進行とか、全部やったとしても、あれ?音楽は?とかSEはその辺からありものを使ってたり。そういうのをできるだけ減らせないかと思ったのです。それもなんだか屑みたいな頓智で言い訳するのでなくて真正面からバカみたいにまじめに作りたい。ここをまじめにやらないと内容や作りでふざけられないからね。 続きを読む

Send to Kindle

MECHAGIDORI VS DOTEDON 8


ドテドンと対決するメカギドリ。いつかどこかでメガギドリになるかもしれない。あ、これは鶏の怪獣じゃなくて焼き鳥の怪獣なのです。じゃぁ、頭ついていなくていいじゃんとか、串に刺さってないじゃんかというのは、まぁいいじゃないですか。ドテドンのこれと同じ方向から見た絵と対になるように考えております。
タイトルロゴタイプは東宝怪獣映画のオマージュみたいなのにしようと考えていましたが、いつまでも特撮関連はパロディーでなければならないみたいな感覚は嫌だなあと思って考え方を変えたい。アルファベットがかっこいいみたいなのも嫌なんだけど、ネットで表記を考えると事務的な意味でも出来るだけアルファベットかアルファベットで表記しやすいものがいいかなと思っていますよ。
mxdlogotype180613640

前回のドテドン。

dotedon15sec from murbozero on Vimeo.

Send to Kindle

MECHAGIDORI VS DOTEDON 6


全然進まない。ちょっと考え込むことがあるのと、急な怪我が原因だ。けがはモチベーションを下げる。
このどんぶりはイメージで本当にこうなるかは分からないし、販売するかも不明。あったらいいなくらいの気持ちで。
メカギドリ対ドテドンのドテドン。これまでと明確に違う意識をしているのは直立していること。立ってないと格闘できないし、上空にいる敵と立ち向かえないのではと思ったので。 続きを読む

Send to Kindle