KDP パブリッシング サイクルのページ


KDPで電子本を作成するときのワークフロー。まずは公式サイトで確認だ。

Send to Kindle

Send-to-Kindleのドキュメントの扱いが変わったよ。

2016年4月14日、今日だね、からパーソナルドキュメントがSend-to-Kindleドキュメントフォルダに送信されなくなります。
送れるのはAmazonで登録した専用端末とKindleアプリのみになりました。


そういうことかというと、これまではSend-to-Kindleで送ると指定した端末以外にCloud DriveのSend-to-Kindleドキュメントフォルダにも送信されていました。常にクラウドで管理できたのです。しかし今日からは単に任意で複数の端末に送信する事しかできなくなり、それぞれの端末で削除したらそれっきりということになります。バックアップは個人的に取ってねです。

あ、てことはSend-to-Kindleドキュメントフォルダはなくなる方向ってこと? Send-to-Kindleドキュメントフォルダに直接保存したパーソナルドキュメントはどうなるんだろう?

やってみるか。今日は落ち着いて作業できないんだけどな。

Send to Kindle

Kindle Fire買った。

16010103
Fire買った。
安くなってたんで一番安いやつ買いました。
主な用途は電子本の確認。他は出来たらもうけものという発想だと腹を立てずに済むってものだ。
各種設定はWiFiがさっと接続出来れば勝手に済まされている。さっと接続出来ればというのは、うちでは新規で接続する端末は大抵調子が悪い。今回は既存の端末も接続不良で大晦日になにやってんだ、Fireどころではなくなっている。時間はかかっても繋がったので設定だ。 続きを読む

Send to Kindle

Kindle paperwhiteのスクリーンセーバーを変える。

以前からKindle paperwhite(以下、kindle pw)のスクリーンセーバーの画像を変えたいと思っていた。所謂Jailbreakをすると可能らしいものの、ファームウェアのアップグレードなどで出来たりできなかったりのようでもあり、なによりJailbreakすることで元々の機能や買った本などが消えてしまったりということは実は無い。何故ならばAmazonにバックアップがあるからだ。それはともかく、少し心の余裕が出来たのでやってみた。
IMG_0523
kindle pwのハックといえばこちらのサイトにお世話になっている。一方的に読んでるだけだけど。
やってみて出来たので、自分でも覚えに書いておく。書くと覚えやすい。まずはJailbreakの準備だ。アプリをDLしよう。


続きを読む

Send to Kindle

そういえばKindle Paperwhiteの新型出てる。

プロセッサやタッチスクリーンの性能向上と改良されたフロントライト(実はちょっとしょぼかった)。内蔵ストレージが4GBに増量した。
これで漫画なども大量に持ち運びやすくなるが、Paperwhiteはテキスト主体の本を読むのに凄く適していると思うぞ。
という9,980円だ。

Send to Kindle

Kindle Comic Creatorはもうダウンロードしているよ。

Kindle Comic CreatorというKindle専用のマンガなどを電子本にするアプリがあるのです。随分前にリリースされていて、随分前にダウンロードしていたのに、この前Amazon Cloud Driveをうっかりインストールしたらプレビュアーごと勝手にアンインストールされていた事件があり、へーんな場所に再びインストールしたのでした。


続きを読む

Send to Kindle

Send to Kindle for PCを利用した。

Kindle パーソナルドキュメントサービスを利用してKindle pepar whiteで読んでいる。
Amazonが用意しているクラウドサーバに自分の本棚があり、そこへメールで送ると指定したリーダー(アプリも含む)へも送ってくれるのだ。管理はパソコンから作業する。にも拘らずパソコンからは読めないのは謎だけどね。
でも、クラウドにもあるので、複数のリーダーを持っている人は一つのリーダーに向けて送ればどのリーダーからも読めることになる。
任意のリーダーから本を削除してもクラウドには残るのも便利だ。USBでKindleへ送るとその場限りになってしまう。でもないのかな?メールで送るほうが管理もしやすいので今はパーソナルドキュメントしか使っていない。

続きを読む

Send to Kindle