EPSとAIファイルのバージョン識別ツール


DTP環境をWindowsに徐々に移行しています。
もうね、Macじゃ無くてもいいかと思ってね。

アプリが同じなら操作は同じなのに、どうにも勝手が違う感じがして慣れが要りますね。映像制作はずーっとWindowsなので、Windows自体に慣れなくてどうにもならんということは無いんです。
それでもなんか変な感じ。それも慣れていかないとね。

若干不便な点として配置した画像の収集問題があります。
pdfで入稿すれば問題ないことですけど、どうにもならないトラブルもあるようなので、安全策としてまだまだ考慮すべきかと思います。

一応配置データは任意のフォルダにまとめてありますが、それでも余分なデータも入れてあることがありまして、かいつまんで言うと入稿データを手動でまとめるのは面倒くさいなということです。

んで、Macだとイラレの鬼などがあり、重宝してましたが、Windows版はなく、Winじゃ手作業かとゲンナリもいいところで、Windowsはやっぱりこれか、と思いつつも探しました。

ありました。それが「EPSとAIファイルのバージョン識別ツール」です。
UIはまるで違うけど、大体イラレの鬼と同様のことが出来、じゃなくてやりたいこと、配置画像を任意のフォルダに収集することが出来ます。
フリーです。無料。
これでWindows環境でのDTPに移行しやすくなります。
てなことで、作業再開。

Send to Kindle

EPSとAIファイルのバージョン識別ツール

http://www.trojanbear.net/omake.htm#epsid

DTP環境をWindowsに徐々に移行しています。
もうね、Macじゃ無くてもいいかと思ってね。

アプリが同じなら操作は同じなのに、どうにも勝手が違う感じがして慣れが要りますね。映像制作はずーっとWindowsなので、Windows自体に慣れなくてどうにもならんということは無いんです。
それでもなんか変な感じ。それも慣れていかないとね。
続きを読む

Send to Kindle