Chromeで16進数のカラーホイール表示


Chromeで「16進数 色」を検索すると16進数のカラーホイール(といっても丸くは無いが)が表示される。数値はそれぞれテキストとしてコピー出来るので他のアプリで活用しやすい。
色の表示の三角をクリックすると様々な方法で色の値を表示できる。 続きを読む

FontForge

FontForgeはlinux、Mac OSなどで動作するフォント制作アプリケーション。


FontForge.org自体がネット上からなくなっていたり不安定なので、もう少し調べる。

三点リーダーなどの件

たいした話じゃないけど、気になるので書いておく。これはデザイン上の話。

文章を書くときに三点リーダーを利用する事があると思います。僕は三点リーダーで表現したいことも、出来るだけ文字で表現すべきじゃないかと思っているが、それでも利用したい方々はいるでしょう。その場合に…(三点リーダー)で表現して貰えたら手間は無いが、何故か・(中黒(「なかぐろ」と読みます))を三つ重ねる人がいるんだよね。後にデザインをするときにわりと面倒なんだよ。 続きを読む

パソコンで色の塗り方。二つ目

以前にパソコンで色の塗り方と題して鉛筆で描いた線を取り出してバケツツールで色を塗る説明をしていたので、


今度は筆でぺたぺたと塗るようなというか、塗ってるんだがその方法を説明する。

先にオチを見せるとこのようなものが出来上がる。
koutetsujugure603c13
解像度は紙に印刷した場合のA4サイズだ。 続きを読む

COSMO KID RXのXの上半身とスキャンすることについてと、GまたRについて

今回は絵を描く技術的なことも書きます。自分の覚えだね。
それとだな、たいしたことではないがテクニカルなことを仕事の進行上話さなくてはならないときがあるのだが、その人だけに対価も無しに教えるのはもったいない気がしてきているので、ここでたまに晒す事にしている。とりあえずお前ら、文章書くならテキストエディタを使え。ワードとか使うな。この意味が分からなかったら調べろ。それくらいの脳はついているだろう。

ということで、スキャニングについてだ。スキャニングそのものではなく、こんなときどうしようといったことだ。
続きを読む

EPSとAIファイルのバージョン識別ツール

DTP環境をWindowsに徐々に移行しています。
もうね、Macじゃ無くてもいいかと思ってね。

アプリが同じなら操作は同じなのに、どうにも勝手が違う感じがして慣れが要りますね。映像制作はずーっとWindowsなので、Windows自体に慣れなくてどうにもならんということは無いんです。
それでもなんか変な感じ。それも慣れていかないとね。
続きを読む

パソコンで色の塗り方

AfterEffectsの素材の作り方。主に手描きの絵をパソコンで着色することの説明。
(画像は紛失しました)

まず、紙に絵を描きます。青色の色鉛筆で下書きをすると鉛筆で描くことができるので便利ですが、黒インクやマーカー、クレヨン、筆で墨などでペン入れするのであれば青鉛筆で下書きしなくてもいいです。パソコンで加工するので鉛筆でも全然OK。その辺りは絵の雰囲気などと相談しつつ決めます。

透けている絵は気にしないでほしい。
続きを読む