WavetableなどはSuiteだけ。


Ableton Live 10の新機能、Wavetable、Pedal、Echo エフェクトはIntro、Lite、Standardエディションでは使用できません。使えるのはSuiteだけです。
て、早く言えよw。
演奏した後でRECできるCaptureはStandard以上で使えます。Intro、Liteエディションでは使用できません。
CaptureはLiveを起動直後からMIDIコントローラーなどが起動したら自動的にRECしているようでCaptureボタンをクリックしたらタイムラインに反映される仕組みのようで、一旦タイムラインに反映されるとメモリされたMIDIデータは解放されます。てなことで、ふわっと弾いてみたらよさげなフレーズだったのにRECボタンをクリックしてない!というときに使える仕組みです。

続きを読む

Send to Kindle

Ableton Live 10へアップグレードした。


Ableton Live 10へアップグレードした。Ableton LiveはDAW(Digital Audio Workstationの略。音楽や音を作る総合アプリケーション。簡単に言うと音楽ソフト)の一つでAbletonは開発している会社名であって、ソフト名は単にLiveなため、ソフト名だと生演奏のライブと混同するので続けて書いている。


一つ置きにアップグレードする予定でいたが、バージョン9に有料アップグレードすると10は無料だったのでさらっとアップグレードし、10を待つと、このバージョンからは64bit版しかないのです。先に言えよw 全然アナウンスないんだもん。

Ableton Live 10は64bit版だけです。32bit版はバージョン9までです。

OSを32bitから64bitへ変更する。

仕方ないのでWindows10を64bitへ変更してから作業をしました。文にすれば一行で済みますが、一日かかりました。他のソフトをインストールしてたので余計に時間かかってます。ちなみにWindows10への1年間限定の無償アップグレードをした場合で32bit版を選択してものちに無料で64bit版をダウンロード、インストールすることが可能です。それなんで、やってみたのです。 続きを読む

Send to Kindle

Live10にアップグレードするためにLive9へアップグレードした。


Ableton Live10のリリースキャンペーンでLive9へアップグレードするとLive10へ無償アップグレードできるので、スルーしたはずだったLive9へアップグレードした。頑なに拒んでいたのにこの体たらく。
アップグレードしたすぐはローカル環境の具合もあり音が出ない標準でついているはずの音源などが表示されない、使えない状態だったが再起動したら問題なく使えるようになった。が、僕が望んでいるのはLive10なので、リリースされる2月6日までの間、Live9を使うかどうか微妙な感じ。実はそんなに稼働してないからな。まぁ、展覧会用の映像の曲や音は作らないと無いのでその作業をだね。今のところは。

Send to Kindle

結局自分で作曲


結局、何らかの曲らしきものが必要になったので自作。とりあえずKORG Gadget


これはableton liveのループ素材にそのままエクスポートできるので便利。
未だにiOSデバイス用のMIDIキーボードを持っていないので、ソフトウェアキーボードで適当に作る。あ、plugKEYは持っていたんだった。ちょっと離れていることだったので面倒でそのまま弾いていた。

出来ればきちんとした人に音源は作ってもらいたいが、予算と時間の問題で致し方ない。
KORG Gadget
KORG Gadget
Developer: KORG INC.
Price: ¥4,800+

Send to Kindle

サウンドトラックづくり。

making160831sound
結局半日かかったな。毎回サントラは綱渡りだ。完全に練習不足。と言ってもライブやるわけじゃないので、練習の方向性が違うが。
せっかくiPad Proを新調したのでGadgetなどで作ったらよかったが、というか、作っていたんだけど、映像を見ながら作ることができないので、毎度のAbleton Liveで作成。それでも書いたように練習不足でどうにもならず、6秒が9秒になり、何とか形になったのは夕方というね。
長くなったのは落としでタイトルを読ませたいこともあり、音が伸びたことより映像自体を修正したくなったこともある。
そしてテロップを一部忘れていたこと思い出したので今日は完成にしないなあ。

KORG Gadget
KORG Gadget
Developer: KORG INC.
Price: ¥4,800+
Send to Kindle

久しぶりのボコーダー

making160104a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりにAbleton Liveでボコーダーを使う。ボコーダーどころかLive自体も久しぶり。もっと音楽に慣れていかないといけないね。
久しぶりなので、声も自分で発声している。声質も演技も全く駄目で恥ずかしい限りだが頼む宛ても金も無いので仕方が無い。自分に演出付けている。
で、設定などもすっかり忘れているので自分のブログで確認しながら準備する。ブログに書いておいて良かった。
なんだか音がキャリア側の音により過ぎていて言語として全く聞き取れない。こんなだったかなあ。思っている感じとは違うので大幅に修正する予定でこれから作業。

Send to Kindle

SE作る。

15-03-02214359効果音が足りないので作ってる。毎度の適当にMIDIキーボードを弾いてるだけ。有りもので賄わないのは自分のライブラリを少しでも作りたいことと、機材を無駄にしないためだ。DTM関連は機材が格好良いという理由だけで導入している。

よくパソコンがあったら何でも出来るとかCGなら何でも出来るとか言われるが、確かにパソコンやCGはなんでも出来るが、操作する俺が何でも出来るかというとそうではないので、思ったより何でも出来ないのだ。道具の万能性は全てではないのだよ。

Send to Kindle