Windows 10 anniversary Updateを適用後ロック画面を非表示にできない問題。

以前、Windows10のロック画面を表示しない方法を書きました。


この方法はanniversary Updateは使えません。僕もアップデート後にロック画面を消したくて自分の書き込みを見ながら作業しようとしたら、変更部分は自分で変更したままになっていました。ということは、もともとロック画面を表示しまままにしていてanniversary Updateを機会にロック画面を消そうと以前の書き込みのような作業をしても効果がないのです。

仕方がないので調べました。
microsoftでの質問ページレジストリをバリバリいじれば出来なくもないようですが、僕にはどんどんハードルが上がっていくので、究極的は方法「我慢する」を現状、選択するしかないです。

OKwaveのこのスレッドによると


仕様が変更されて通常の方法では消せないようです。
本筋の回答情報はこっち

時期アップデートに期待するしかなさそうです。

そうそう、設定ページのロック画面のページの上に赤い文字で「一部の設定は組織によって管理されています」。怖いよw

それにしてもこの質問の回答者の方々は自分が対応したことのない問題を答えようとしているような、すごく他人ごとのように感じて。Windows10を使っていないように思えるのです。本件には直接関係ない話ですが。

Send to Kindle

メインマシンもWindows10にアップグレードした。

なんだかもやもやしてぐっと動く感覚が持てないので思い切ってメインマシンもWindows10にアップグレードした。サブマシンよりスペックが高いからかサクッと問題なくアップグレードできた。うちの状況は現行型式のカローラ(サブマシン)と型落ちのレーシングカー(メインマシン)というのが例えとしてはわかりやすいかもね。
問題はアプリケーションがまともに動くか。恐る恐るそれぞれ起動するとAfterEffectsは問題なし。Lightwaveも無問題。Adobe Media Encoderもやや糞詰まりながらきちんと動く。Premiereはマーキュリーエンジンがダメっぽくてソフトで代用するらしい。じゃぁダメかというと見た目上は問題ない。3D-cortが一番の気掛かりだったが、案の定起動がものすごく遅い。動いてしまえば元々もっさりだったので、そのままもっさり動く。実は全部バージョンが古いので大変ビビりまくっていてOSをアップグレードしていなかったのだ。一応全部動作するので頑張って作ろうかな。

Send to Kindle

Windows10のロック画面を非表示にしたい。

昨日、サブマシンをWindows10にアップグレードしました。主にメールとウェブ、DTMが主で使っているアプリケーションは問題なく動いています。気になるのはOSについてくる各種サービスやUIです。バージョンが上がるたびに使い手の自由にさせてくれないのは分かっていても苛立ちます。しかし、Windows無しというわけにはいかないので足掻ける分は工夫します。
起動直後に気になるのはロック画面です。デスクトップ(含むラップトップ)とタブレット用のUIを共通にしているために、タブレットでは有用な不意の画面接触から誤操作を防ぐロック画面がデスクトップでも登場するのです。僕はデスクトップで利用しているので、これを非表示にしたいです。あ、やり方は最後に出てきます。ネットで検索すると非表示の方法を書かれているブログなどはいくつもあるようですが、Windows 10 HOMEでは使えない方法が半分くらいなんです。うちはHOME版なんです。ロック画面を非表示にする方法はProなどのほうが気楽で、HOMEはちょっと面倒くさい。取り敢えずここの記事通り作業すれば非表示にできる。
http://lsnewsbox.com/windows10-disable-lockscreen
一応書いておくと、レジストリを修正します。
●ウィンドウズマークを右クリックして、ファイル名を指定して実行を選択します。
名前を入れろと指定がでるので、gpedit.mscを入れてOKをクリックします。
ローカルグループポリシーエディターが起動します…というのはPro版以上のようです。HOMEでは出ません。
●いったん泣いてから改めて「ファイル名を指定して実行」にregeditを入力してOKします。
レジストリエディターが起動するので、作業します。
●HKEY_LOCAL_MACHINE→SOFTWARE→Policies→Microsoft→Windowsという順にフォルダを開きます。
●Windowsフォルダを右クリックしてメニューの新規からキーを選びます。
●Windowsフォルダの下に新しいキー(アイコンはフォルダ)ができるので名前を変更します。新しいキー(フォルダ)を右クリックして名前をPersonalizationに変更します。
●Personalizationを選択してから右の欄(空白になっています)で右クリックして新規からDWORD32ビット値をクリックします。
●新しい値が作られるので名前を右クリックして名前をNoLockScreenに変更します。
●NoLockScreenをダブルクリックして値のデータを1に変更します。変更前は0になっています。
●OKをクリックして作業完了です。再起動して確認してみよう。

【2016年10月1日追記】
Windows 10 anniversary Update後はこの方法ではロック画面の非表示にできません。顛末についてはこちらに書きました。

Send to Kindle

Windows10へアップグレードした。

音楽用にも使っているサブマシンをwindows10にアップグレードした。一時間くらいかかってるようだが、なんてことなく完了。アップグレード後はなんてことなく稼働中。電子書籍用の各種アプリも問題なく動作してる。あ、漢字変換が予測変換になってるね。懸案のAbleton Liveもあっさり動作。バージョンが古い8なので心配していた。VSTiも起動する前にアラートが出るものもあるがとりあえず使える。
tyrelln6-img
見た目が好みなのでとりあえず起動。TYRELL N6。実際は安定性の高い音源を使いたいですね。落ちなければこのまま採用。
ということで、サブマシンはWindows10にアップグレードしましたよ。

Send to Kindle

モニターを新調した。

15-11-10 16 02 50
というわけで、モニターが大きくなった。
古いAQUOSを調達することが出来たので、ビデオ見るマシンのモニターにしました。HDMIケーブルで繋げば楽勝で表示されるのです。やっぱり映画を見るなら大きい画面がいいね。ところが、HDなのになんだか画質が荒っぽい。こんなものかと思ったが、メニューやランチャーが画面からはみ出て見えない。カーソルを画面端まで持って行けば使えるが、操作が物凄く辛い。パソコン側でなく、AQUOSの画面設定を確認すると幾つかモードがあり、フルになっていたのでアンダースキャンに変更したら、画質もメニューなどが見えない問題も全部解決した。
デュアルモニターでミラーリングなども試してみたが、解像度を低い方に合わせるようで自分にとっては有意義ではなかったね。
取り敢えず、シングルモニターで十分使えています。
続きを読む

Send to Kindle

PC組み立てなど代行するなら、

PC組み立てなど代行するなら、どのくらいの価格になるか。
パーツ組み立てと起動チェックまでなら10,000円~5,000円。5,000円というのはパーツショップの組み立て代行なので、まあ、8,000円くらいかな。パーツ購入も代行するなら10,000円か。
OSなどのインストールからセットアップまで含むと20,000円~10,000円。各種ソフトウェアのインストールはほぼ自動なので、単にかかった時間てことだろうね。カスタマイズも考慮しても13,000円とか。
買い足しの場合はデータ移行などあるだろうし、データの復旧などはそれぞれ、10,000円くらいか。
全体としては時間仕事なので、拘束費用みたいな感じだなあ。パーツショップのサービスならいいけど、これだけ専門ていうのはきついね。データ復旧はやるほうとしては、復旧できなくても報酬は欲しいけど、顧客としては成功報酬を望むよね。

てなことで、大体どれも一万円くらいでやりますというのが普通っぽい。

Send to Kindle

パーティションの破損ではなかった。

パーティションの破損だと思い込んで調べていたら、どうやら自分の思い違いでデータが格納してあるパーティションをフォーマットしてOSをインストールしてしまったことが問題だった。
もう戻ってこないデータはあきらめるしかないが、あきらめ切れなかったので、サルベージツールを探して復旧を試みました。
前にも破損したマイクロSDカードからデータを発掘してたがすっかり忘れていた。今回はフォーマットしているし、勘違いもあってパーティションの破損からの復旧で調べ、結局答えは同じだったがファイナルデータの体験版でとりあえず検索してみた。


続きを読む

Send to Kindle