ある殺し屋 二.5稿


ある殺し屋 二.5稿

イタリアンレストランでパスタを食べる男。
スマホのようなものにメッセージがあり、今すぐ人を殺して欲しいと言われる。
まだ食べ終わっていないの事にブツブツと文句を言いながらスマホのようなものを操作して自らを転送する。徐々に消えていく男。
「くそー、パスタ殆ど食べられなかったじゃないか。」
転送されながら愚痴る。
「腹減ったなー」
近くのコンビニで適当に食べ物を買って歩きながら食べる。
スマホのようなものを見てターゲットを確認する。
「あ、あいつか。」 続きを読む

Send to Kindle

ある殺し屋 二稿


ある殺し屋 二稿

店でパスタを食べる男。
スマホのようなものにメッセージがあり、今すぐ人を殺して欲しいと言われる。
まだ食べ終わっていないの事にブツブツと文句を言いながらスマホのようなものを操作して自らを転送する。
「くそー、パスタ殆ど食べられなかったじゃないか。」
転送されながら愚痴る。
「腹減ったなー」 続きを読む

Send to Kindle

ある殺し屋(仮題)のスケッチ


暗殺会社の社員Aが今月もノルマを達成できず、月末の会議の時間も過ぎても帰社せずに夜の街を歩いている。憔悴した表情の割にはコンビニでビールとヤキトリを買って歩きながら食べている。スマホが鳴り、テキストコミュニケーションツールで会社からメッセージが送られてきた。
「三か月連続でノルマを達成できませんでした。これよりペナルティの殺し屋を送ります。」 続きを読む

Send to Kindle