3D COATのキーコンビネーションについて続き

ALT+ペンクリック(要は普通に描いてる感じで)=画面回転。ペンを置いた地点を中心点にする。
ALT+横のボタンクリックしながら空中で上下のような前後のような動き=画面ズーム
ALT+横のボタンクリックしたままドラッグ=画面移動。

ではなかった。
画面を回転するとき以外はALTは要らん。ただ、惰性でALTを押していた。ほぼ片手で操作できる。オブジェクトの上でズームの動きをするとブラシのサイズを調整できる。これは便利。でもスペキュラー、光沢のようなものだ。や透明度などを調整しつつペイントすると結局キーボードはいるので、片手で楽勝というものでもなかった。

こういう3DCGツールは苦手意識があって、それに至った事情は面倒なので割愛するが、プラモデルを筆で塗装していると思えばそうでもないと思えてきた。プラモデルの塗装方法など思い出しながら塗っている。

昔プラモばかりいじっていていて、それ以外何もしなかった時期があり、死ねといわんばかりに叱られていたことは多少なりとも活かされているのだった。

Send to Kindle

3D COATのキーコンビネーションについて

3D-Coatを再び使っています。今度はまじめにやってますよ。
making1301161646
ペンタブレットを使っているときの画面の移動。どうということはないが、よく忘れるので。

ALT+ペンクリック(要は普通に描いてる感じで)=画面回転。ペンを置いた地点を中心点にする。
ALT+横のボタンクリックしながら空中で上下のような前後のような動き=画面ズーム
ALT+横のボタンクリックしたままドラッグ=画面移動。

ALTをControlと間違えるのです。

毎度地味にぺたぺた塗っています。

Send to Kindle

3D-Coat練習

(画像は紛失しました)
LWでモデリングして3D-COATでペイント後、LWでモーフィングアニメーションとレンダリングをやってみた。
オブジェクトにダメ感がするのは気にしないでください。

まだまだ設定などを調整すれば問題ない状態になるであろうとして、今回みたいなものだとLWでモデリングとモーフマップをサブパッチで作り、UVは3DCで作成し、カラーマップと共にオブジェクトもLWOにエクスポートし、LWで調整するのが今のところ一番問題ない状態じゃないかと思った。
LWでサブパッチのままUVマップも作り3DCへエクスポートしたものはモーフマップは正確だけど、UVマップがずれてしまい使えない状態なので、UVマップとカラーマップ(テクスチャ)は3DCで作成したほうが良いと思います。
しかし、今回はモーフマップを三つ作ったんですが、一番目のマップが失敗のようで、全体が移動してしまいます。
それ以外は正常に機能します。

サブパッチの読み込みはあんまり具合良くないみたいですね。きちんとポリゴン数とスムージングの具合をあわせてやれば多分問題ない状態で使えるんじゃないかな。

Send to Kindle

3D-Coat練習中

(画像は紛失しました)

とりあえず塗ってみようと思って、それこそとりあえず何か作った。3秒では作れないねぇ。
サブパッチのまま塗れるといいなと思ったのでサブパッチのまま3D-COATへエクスポートします。
UVマップもLWで作りました。
しますが保存フォーマットはLWOのままです。

前後しますがLightWave3Dと3D-COATを連携して使ってみる練習です。
MAXやMAYAと連携する話は他所の一杯あるからそちらをどうぞ。

(画像は紛失しました) 続きを読む

Send to Kindle