Meryをカスタマイズする。


テキストエディタをMeryに変えたので自分の手癖と使いやすさのためにカスタマイズする。
まず、ウィンドウを閉じる、Mery自体を終了するショートカットを変えます。
Macでコンピューターを始めたためにWindowsやubuntuを使っていても出来るだけ閉じるときはcontrol + w、終了はcontrol + qを使いたいのです。単なる慣れと惰性です。
ツールメニューのオプションからキーボードタブのカテゴリの閉じるをcontrol + w、すべて閉じるをcontrol + qにします。
改行を削除するショートカットもこれまで使っていたものと同じにしたかったのでcontrol + shift + tにしました。
これだけで足りるのですが、アウトライン機能を活用する場面もありそうなので、これもカスタマイズしておく。
バーの位置が右だとどうにも気持ち悪いので、左にします。
ツール->プラグイン->プラグインの設定でOutlineを選び、プロパティをクリックします。
バーの位置を左にします。
階層化のための設定はこちらのサイトから拝借しました。 続きを読む

Send to Kindle

Mery


MeryはWindows版のテキストエディタ。フリーウェア。
これまで使っていなくて、今後これを常用にしようかと思って。というのもユニコードが使えるから。仕事で急にハングルとか繫体字とか使うことになり、すごく大変だったのです。文字情報は出来るだけシンプルな状態が良いのでテキストエディタはデザイン仕事でも欠かせないのです。欠かせないのに適当だったために仕事が余分に増えて申し訳ない状態になり。自分も余分な工程が増えてしんどくなるというね。
続きを読む

Send to Kindle

スマホ用フード作った


パソコン壊れてしょんぼりしてるのも何なので気分転換にスマホ用のフードを作った。自分用なので雑なものだが、とりあえず使ってみて修正する予定。
材料はポリプロピレンの板とフェルト布。どちらもダイソーで揃えた。板は乳白色なのはこれしか売っていなかったから。本当は黒いと見た目が良いと思う。フェルトは反射を抑えるためと今回は各パーツを接続する目的もあるため結構重要。接着はペットボトル用の接着剤。紙でも布でも接着できると書いてあったので。安心できるのはG-17だが、在庫が無かったので。 続きを読む

Send to Kindle

まだ使っているキーボード


未だに初期型のHappy Hacking Keyboardを使っている。取り立てて問題は発生していないし、壊れていないし。道具は壊れるまで使う派なので、壊れていない以上変える必要も無いのだ。
今買うとなると、下記のリンクの製品が大体同じもの。大きく違うのは接続インターフェイスがUSBであること。今更PS/2では無いからこれは問題ない。
価格が僕が買ったときの倍くらいになっているので、かなり割高に感じるだろうなあ。たくさんタイプするなら代えがたいキーボードだと思う。

Send to Kindle

呉竹 ZIG Cartoonist MANGAKA

twitterで知ったんですが、ミリペン的なもの。

使い勝手どうでしょうかね。気になります。今のところつけペンに戻ってしまっているので、こういったカジュアルな感じの画材にしたいなと思ってます。つけペンだと出先などいつでもどこでも描けるわけじゃないし。

Send to Kindle

自作スタイラス1.4くらい


具合が悪くなってきたので、修正した。悪くなった具合はペン先であるビニル部分に穴が開いたのだ。
この一つ前の状態はペン先に補強のOHPシートを付けずに使っていました。制作工程を一つスキップしているので簡単に作ることができるのですが、書いている時の音がうるさいとかビニルに穴が開くという欠点がありました。穴が開くのはビニルと中心を決めていたり、ビニルを画面に押し付ける役目をする棒(団子を刺している竹串を利用)がビニルと離れているために描くたびに負担がかかって穴が開くのです。割と簡単に開いてしまうので短期間しか持たないのです。面倒なのでこうしていたのに、寿命が短くて張り替えにより面倒がかかってしまうので改修です。 続きを読む

Send to Kindle