昨日のバラとか


仕事で他所の家の庭にどうしたこうしたに遭遇しまして、自宅の庭を改めてザックリ見直しました。見直すと言っても字面通りに改めて見ただけで、改善する行動には出ません。寒いし。
取り敢えず薔薇。赤いバラは黒すぎて形が分からないくらいだったのに、今回は色が黒くなく見やすくなっていた。それとトレードオフするかの如く、綺麗に広がらず玉のようになっていた。これは寒暖の差のタイミングが短すぎることと、隣に植えてある白いバラの性質に似てきているきらいがある。 続きを読む

Send to Kindle

ブレラン2見てきた。


ブレラン2こと、ブレードランナー 2049を見てきた。感想は後日書くとして、すでに公開して数日経ち、平日であるせいもあり客席はまばらだった。少ない客のほとんどがおっさん、おじさん、中年、ジジイだったためか、咳払い、ポップコーンを咀嚼する音、鼻すすり、無理して脚を組むので体制変えるためにごそごそ動き、何が言いたいのかというと、ブレラン2(正式タイトルがブレードランナー 2049であることは承知しているが面倒なのだ)は、内省的な物語で、セリフがほぼ無いシーンが結構続くのだ。その無音が大切なのに、おっさん、おじさん、中年、ジジイはセリフが無くなるたびに咳払い、ポップコーンを咀嚼する音、鼻すすり、無理して脚を組むので体制変えるためにごそごそ動くのだ。是非、早急に呼吸を止めて頂きたい。 続きを読む

Send to Kindle