木曽三川公園センターへ行った。


他所のブログで木曽三川公園センターにチューリップがたくさん咲いていることを知ったので行ってみた。
170410007
木曽三川公園センターは四年くらい前に行ってたな。


たくさん咲いていたが、問題もあった。問題はも含めて順に見ていこう。
トイレが簡易便器だった。そろそろ常設のトイレにしてはどうかと思った。この周辺は休憩できる場所が殆どないのです。道の駅が一か所あるが駐車場が混んでいる。
170410003
すげー咲いている。
170410033
黒いチューリップがそこそこ比率を占めている。
170410035
この後、こういった終わりかけの花が何度か出来てます。意外と多いです。これは手入れが行き届いていないわけではなく、花の成長がそれぞれ違うためにおきているのです。品種や植えた順番などが理由です。
170410013
見ているこっちがチューリップの生育具合を知らないこともあるね。どの状態が完全に咲いた状態か知らない。品種による差もわかりづらいし。
170410017
この辺りはまだ入り口近くなので、一々止まって見ていると全然進みません。
170410023
170410026
これは自宅にもある品種。
170410027
綺麗に咲ているように見えるが、かなりの比率で終わりかけや痛んでいる花がある。
170410031
ノスタルジックなアトラクションメカ。ここにある唯一の電化した遊具。
170410036
ミッキーマウスという品種名。生産者の方の勇気を感じる名前だ。
170410043
170410045
170410046
クリスマスドリーム
170410050
170410053
今回は調子に乗ったことと、殊の外寒かったのでピンボケが多いです。一から出直しです。
170410052
大型屋台カーが来ていた。デラックス過ぎて値段もデラックス。撮らなかったけどリーズナブルな価格の焼きそばなどもありました。
170410042
170410055
サニープリンス
170410056
170410057
ここも終わりかけのようで、痛みが出来ていている。旬の時期に出会うのは大変難しい。公園側から「満開だよ!」とお知らせがあっても、次の日はすでにピークを過ぎていることは一般的なのだ。
170410058
アプリコットビューティー
170410067
これは綺麗に咲いていた。
170410068
花としてはまだ開いていないが、あまり花に一生懸命じゃない人が想定するチューリップの形がこういうのだろうね。まぁ、このくらいの開き方が実際綺麗だと思う。
170410068
170410071
メリークリスマス。名前の通りの時期に咲いていたらいいねぇ。
170410060
やや花弁の先が鋭角ですっきりした印象になる。
170410061
一つの株から二つ咲いているようだった。
170410063
霜降り状態が一つありました。
170410065
サンラバー。これはまだ早くて、つぼみが多かった。
170410094
その状態が咲いたものなのか分かりづらい。
170410095
170410098
プリシマ。プリティ長嶋の略だよね。
170410100
白がソフトな感じの色。
170410101
170410102
パープルクリスタル。先端がフリンジ状になっている。この花弁の先端の変化が品種の違いを認識するのに分かりやすい。
170410104
170410107
これは花が綺麗に揃っている方で、グラフィックデザイナー(アートディレクター)が「キーッ!」て神経質になってすべての花が一点の曇りもないようにそろって綺麗というのはほぼ奇跡だ。生産者の方の労力たるや如何ほどかというくらいにすさまじい手がかかっていることになる。
170410108
シエスタ。写真に撮ると花の感覚が物凄く空いていて絶望的な寂しさを感じるが、実物はそうでもない。
170410110
170410111
この先端がフリンジ状の品種もバリエーションとして多いようだ。華やかに見えるから作っていても楽しいだろうな。
170410114
テンプルオブビューティー。美しいこめかみという意味だ。違う。宮殿のように美しいという意味だろうね。
170410118
170410120
まだ開いていない。このように花弁が尖った品種もバリエーションの一つだ。
170410119
ピンクカップ。見た目そのままだ。チューリップのバリエーションとして色も形もわかりやすい。
170410122
170410123
クリスタルスター。フリンジ系だ。なんとか系という言い方はバカが言っているみたいなので好きではないが、先端がフリンジ状の系統ではある。
170410124
170410128
これより近づくと花壇の中に足を入れないといけないし、このまま近づくと倒れそうで怖い。望遠レンズにすればよかったか。
170410125
170410134
ベルサーチ。人名は自由に使っていいと思うが、たぶんこの場合のベルサーチはファッションブランドのベルサーチを意識していると思われるので、想いとしてはアウトだろうなw
170410135
色も含めて豪華な感じを出している。
170410137
花の形は変化があっても葉っぱは変化が少ないんだね。
170410138
シャムール。
170410139
これは葉にも変化がありますね。花はグラデーションが綺麗です。
170410140
170410141
170410142
ダンスライン。説明通りに遅咲きなので、この日はまだ咲いていませんでした。
170410144
170410146
ハネムーン。ネームプレート周辺の花がすでに終わりを迎えていて印象が悪くなってます。
170410147
170410149
他は結構綺麗に咲いていました。
170410151
アラジン。名前については魔法のランプ的な印象よりも、完全無欠のロックンローラーを演奏していたバンドのボーカルの顔面の大きさと脂ぎった頭髪(油で固めているので当然なんだが)のビジュアルショックが大きすぎてあまりいい印象を持たない。
170410152
小ぶりで尖った花びらの系列の品種。長いので説明の通りのユリ咲きとした方が分かりやすいね。
170410153
170410154
170410254
クラウディア。梅宮辰夫の嫁と同じ名前だ。
170410157
紫から白へのグラデーションとユリ咲きながら、軽くウェーブもあり豪華さがある。
170410159
170410158
サッポロ。もう、らーめんかビールだ。当然違うが、情報のレベルが低いのでこの程度だ。
170410161
ユリ咲きだね。
170410162
170410164
シネダキング。完全にシオマネキングに読み間違えだ。
170410165
黄色と赤が強い印象のユリ咲き。
170410169
ここまで香りについて何も言わないのは鼻が悪いことと、花の匂いが好きではないからだ。
170410166
サンネ。チューリップらしいバリエーションは安心がある。
170410170
前日振っていた雨や長く強い風が吹く日が多かったためか、このように茎が絡んだり倒れている花をちらほら見かけた。
170410173
170410172
この花もちょうどよい咲き具合に見ることができた。
170410171
キャシャレル。フリンジの品種だ。
170410087
170410091
170410088
170410090
170410344
170410341
マウントタコマ。何故ワシントンのタコマ山を見立てるのか。調べてみると現地の日系人からは雪景色が富士山にも似ている事からタコマ富士と呼ばれたり、地元の人たちからは本来の名称であるティー・スワークに改名する事を望まれていたり、微妙な立場にある名前だった。
170410256
170410258
花自体は玉のような形で、フリンジ系でもユリ咲きでもない。
170410259
プリティープリンセス。背は低いが、はっきりした色と形の花。
170410260
170410262
170410261

170410178
ヤンファネス。分かりやすい形の花だ。
170410179
時期としてはこれから楽しめる花。
170410180
シードフ。
170410183
この花弁にぼつぼつがあるのが、病気か痛んでいるようにも見え、印象が悪いと思う。
170410185
引けば気にならない場合もある。このぼつぼつがある種類はこの後も登場する。
170410184
ゴールデンプリンスクラウス
170410188
170410191
痛まずに咲いているとほっとするね。それでも全部脱落せずというのは難しい。
デザインなどの仕事で、品質に厳しく言うディレクターは当然ほとんどを占めるが、それがどのようにして出来ているかあまり気にかけていないように思える。そういうことを強めの口調で言うと本人は仕事に厳しい人に見えるから内心は気分いいだろうな。もちろん、一部のひがみや歪は一部であればあるほど目立つので全体の質として捉えられてしまうから、気にしなければならないことは理解できるが、なんか、俺、グレイトなクリエーターなんで、厳しい目で見るよ!みたいな口ぶりがね、僕は嫌いだね。
170410193
てなことで、レッドインプレッション。分かりやすいチューリップだ。
170410194
170410195
見ごろの時期に当たったようで、安心して鑑賞できる。エッジにフリル感があるね。
170410196

度重なる風の影響で踊っているような形になっている。
170410197
170410199
白いのはかなり開いちゃってますね。
170410202
170410205
170410208
タッチデザイン。バリエーションとして楽しいデザイン。
170410213
170410215
170410214
品種によっては終わってしまったものもあり、結構きつい状態になっている場合もある。
170410219
一見、綺麗に咲いているように見えるが、手前から痛んできている。
170410220
これもそう。広告としてビジュアルに使いたいときは使用に耐えないので使えないか、どうしても使うならば、かなりの花を合成するか、これをもとに絵を描くかだ。
170410221
一見すると本当に綺麗なんですけどね。
170410224
楽しくない写真が続くので気分が悪いかと思うけど、こうやって花は終わる事も知っておいていいと思う。
シャーリー。無彩色から紫色に変化していきます。
170410232
汚れているように見えるが、これが正解のよう。
170410233
170410230

170410235
ストライプドベロナ
170410236
170410237
丸い感じに咲くようですね。
170410239
ヘルミタージュ。プリンセスイレーネと同じ特徴。
170410243
170410244
フェラーリ。カバリーノ・ランパンテでお馴染みのイタリアのモータースポーツチームと同じ名前です。元々人名なので由来はとぼけておけば問題ないですが、まあ、名称は面倒になりそうなのはよした方がいいと思ってますね。
170410246
花弁にぼつぼつがある品種なので痛みか病気のようにも見えます。
170410249
選んで撮ったので、綺麗に咲いて問題ないように見えるものの、すでに終わりかけのようでした。大振りの品種が見たいなら早めに出かけたほうがいいですね。
170410247

170410312
170410313
170410320
170410324
170410325
170410328
170410332
アイスクリーム。まだ咲いていなくて、大きさや咲き方など興味があります。
170410335
170410338
八重なので、薔薇とかカーネーションみたいになるんでしょうか。そういえば二重を『ふたえ』と読む人は少なくなって言うのに八重は『はちじゅう』じゃないですね。
170410339

170410340
170410346
170410270
オルカ。八重咲きだとチューリップも別の花に見える。
170410271
しかし、すでに終わりかけのよう。
170410272
170410273
アバンギャルド。八重咲きは見ごろの状態が分かりづらい。どれも傷んでいるように見てとれるし。
170410277
170410279
170410281

170410283
フォックストロット。全体的に小さい品種。八重咲きなのでこれもチューリップらしさはあまりないね。
170410287
170410288
170410291

170410295
パラパラして見えても、これが密集できる限界かと。これ以上密集させたい場合は活けるか、映像上で合成だねえ。
170410296
170410298
170410300
170410303

170410374
170410377

スマホだと赤色の表現に弱いようだ。

170410392
170410393
銀塩カメラのHOLGAからレンズだけ切り出して使っている、HOLGAレンズでも撮ってみた。売っているデジカメ用のHOLGAレンズやHolga Digitalではない。これらは疑似的にトンネル効果をつけているだけで、HOLGAならではのどのように撮れるか分からない、表現が甘いといったことは起きない。安心して撮れるカメラだ。銀塩カメラから切り出したHOLGAレンズはフランジバックを考慮しなかった自分の改造の仕方が悪かったせいもあり、ピントが近眼状態で近くでしか合わず、そのピントすらもファインダーからはおおよそしか確認できないので撮ってみないと本当にどのように撮れたか分からない状態だ。まともに撮れても甘い画質にしかならない。
170410371
170410365
170410367
170410374

フリーWiFiが使えるようになってた。NTTのだったので使いづらかったです。これって、なんでさっと繋がらないんだろう?
170410439

隣の治水神社は閑散としていた。
170410008
ここも寄ったほうがいいね。治水だけでなく政治についても考えさせられることだ。
170410410
170410411

帰りに寄った道の駅。小さいながらも道の駅の定番の地域で取れた野菜や、加工食品なども売っていました。どちらかというと長距離移動の人の休憩所の性格が強いと思いました。
170410419
惰性で道の駅は出来るだけ寄ることにしている。
時計は止まっていた。
170410418
この辺りは本当に休憩するところが無く、道も堤防なのでこのクレール平田と木曽三川公園センターだけが頼りなのです。
私設を利用することより、駐車場で仮眠をとる人が多いように見えました。
170410422


ということで、写真が思ったようにとれなかったので、また機会があれば行ってみようと思います。

Send to Kindle

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です