アッポーペン購入した。

Apple Pencil買った。買ったのは数日前なんだが。使ってから感想を書こうと思ったら時間が経っていた。
描線にタッチを付けたいときは必須だ。もちろん筆圧などApple Pencilに対応したアプリが必要でiPadもiPad Proじゃないと対応していない。家ではProcreateだ。
どうにもペン先が減ることを気にしてしまって、すべての作業に積極的に使うことに躊躇している。そもそもドローイングにはいいなと思ったが、自分にとってペイントにはそんなに必要でもないなというのが現状で。もちろんブラシの濃度なども筆圧対応するのでそれなりに使えるんだが、そういう絵は今のところ描いていないのでApple Pencilじゃなくてもいいかなと思っている部分。ペンタッチはもうちょっと控えめな方がいつもの感じかと思うが、これはこれで楽しく描けている。相変わらず手のひらを画面においても反応してしまうので手袋はしている。たぶん手を置いた場合のリジェクションなどの設定はあるともうが、そのままにしている。(単に面倒で)出来ればnetamoji note等でも筆圧が効いてくれたらいいのにそういうことは無いみたい。

筆圧などのチューニングをもっともっと詰めていけば自分の思ったペンになるのだろうが、硬めで入り抜きよりも中間のタッチがついているようなものが好みなのだが、単純にペンの形と質感だけ設定すれば達成されるものではないようで、ペンを動かすスピードもポイントになってくる。僕のペンを操作するスピードが遅いのだ。筆に迷いがあるんだね。それで描いたところがダマのようになったりもしている。違うと思えばやり直したり消したりすればよいので、どんどん描き進めた方がいいね。Apple Pencilを使っていると指やスタイラスに消しゴムを担当させられる。他のツールでもよいので、ブラシで描いて指でぼかすとか描き方に合わせて設定するといいよ。
それで、ペイントには今まで通りの自作のスタイラスで賄っている。全然問題なし。まぁ、じゃんじゃん描けってことだね。

Procreate
Procreate
Price: ¥1,200+
Send to Kindle

コメントを残す